セミナー開催決定!

トリガーポイント治療・内臓反射テクニック講座  3月18日(日)~川崎市

トリガーポイント・内臓反射テクニックの概要

内臓の機能障害は筋・筋膜に影響し、その結果、筋膜の過緊張⇒トリガーポイントの発生・活性化と繋がります。従って、内臓の機能障害から生じているトリガーポイントは、筋・筋膜だけのアプローチでは回復が難しく、内臓機能の回復によってこそトリガーポイントの不活性化、関節の可動制限の解放、痛みや不定愁訴の改善がみられます。

内臓からの全身への影響を少なくする事で、施術時間の短縮、自己回復力のアップ、治療効果の持続を伸ばす事になります。

「内臓-脊椎運動分節-筋肉-皮膚は互いに影響し合っている(分節内のリンク)」ということが、トリガーポイント研究所の基本的治療理念であり、その中での内臓反射テクニックの重要性は必然です。

多くの治療家の方々に習得して頂きたいテクニックです。

 

【内  容】

《理論背景》

1)分節内のリンクについて(特に感情からの影響など)
2
)施術の手順と使用テクニック
3
)アナトミートレインとの関係などと内臓との関係性

《内臓からの直接の影響》

1)痛み(圧痛)・痛みの種類・感情
2
)関節制限
3
)筋肉・脊柱  など

《内臓テクニック》

・心臓・冠動脈、肺、胆のう、胃、膵臓、肝臓、副腎、腎臓、回盲部、盲腸、腺、結腸、S字結腸、子宮・前立腺 など

《関節テクニック》

・足関節、肋骨、上部胸椎 など

日程(全3回)

1.    2018318日(日)10時~17

2.    2018415日(日)10時~17

3.    2018520日(日)10時~17

会場

サンピアンかわさき(川崎市立労働会館)

·         川崎市川崎区富士見2丁目5−2(JR・京急川崎駅徒歩20分、バス7分)

定員・催行人数

·         定員10名(催行人数6名)

講師

 福井 強

·         トリガーポイント研究所講師

受講料

·         38,000円(分割可:14,000×3回)

お問い合わせ・申し込み

 

お問い合わせ・申し込み⇒

       セミナー開催決定!

TRA(トリガーポイント反射分析)テクニックセミナー

 

◇TRA(トリガーポイント反射分析)テクニックとは

 

TRA(TriggerPoint Reflection Analysis)は、トリガーポイントが形成される原因や、神経反射、経絡、および様々経路を含め、体の全体のエネルギーレベルを分析するための簡単で安全な評価ツールであり、ほとんどの慢性的な問題に対処できます。

痛みや不定愁訴の施術を行う際、まずその根本的な原因がどこにあるのかを見出さなければ、効果的な治療は望めません。
TRAテクニックを身につけることにより、痛みや不定愁訴の原因が、脊椎の機能障害なのか、内臓の機能障害なのか、骨膜や靱帯の問題なのか、ホルモンのアンバランスの問題なのかを推定することが可能となり、施術の効率化・適正化が図れます。

10人の患者さんがいれば10通りの原因があり、施術の手順があります。
TRAテクニックによって、筋や皮膚の反応(エネルギーレベル)から患者さんの状態を把握し、施術手順と的確な施術を決定出来るようになります。

 

◇講座概要

①筋反射分析:

私達は目の前に何かが飛んで来たら意識せずに目を閉じ、それを避ける為に体を避ける動きをします。痛みを感じたらそれを庇う動きをしますが、これも無意識的に行っています。
このように無意識下で行われている反応を「反射」と呼ばれていますが、体のどこかに機能障害があると、その反射システムによってどこかを緊張させたり、筋力を低下させたりして体を維持しようとしています。

そこで、筋の反射を使う事でどこに問題があるのかを見つけ出します。

②反射テクニック:

体のどこかに異常があると、体表に何らかの変化が生じることが知られています。チャップマン反射、漢方に於けるツボ・経絡、足裏反射など、古今東西さまざまな反射区が見つけ出され施術として活用されていますが、TRAテクニックではそれらの中でも臨床的に有用である反射区を用いる施術法と、内臓機能障害を回復するテクニックを中心に指導致します。

 

◇講師

福井強  本人

 

◇詳細

名  称 TRA分析テクニックセミナー(全2回)
開催  日時 第1回:2015年5月8日(日)10時~16時
第2回:2015年6月6日(日)10時~16時
開催場所
  • 会場:あすてっぷ神戸(神戸市男女共同参画センター)
  • 住所:神戸市中央区橘通3丁目4番3号
  • アクセス:JR「神戸駅」徒歩7分
    神戸市営地下鉄 「ハーバーランド駅」徒歩7分、「大倉山駅」徒歩3分
    神戸高速鉄道「高速神戸駅」徒歩3分

 

受講料金
  • 一般:30,000円(15,000円×2回)
  • Basic講座修了生:26,000円(13,000円×2回)
  • Advance講座修了生:20,000円(10,000円×2回)

 

<再受講の方>

  • 1回参加:7,000円×2回
  • 2回参加:5,000円×2回
  • 全回参加:4,000円×2回
定員  15名(催行人数6名)
主催協力
  • 【主催】トリガーポイント研究所

   http://trigger110.net/

備考  実技研修も行いますので、動きやすい服装で来られて下さい。
申込  参加申し込み  tel:092-201-1027
締切  5月5日

 

 

セミナー参加終了!!

   トリガーポイント講座 「Advance」

 

 

<目的>

アドバンス講座では次の3点を主要な目的として行います。

• 痛みや不定愁訴を起こす筋筋膜性疼痛症候群の理論をしっかりと身に付ける。

• 痛みや不定愁訴を改善するために必要なスキルを身に付ける。 

     1,愁訴の原因をつきとめる診断スキル

     2,患者さんとの信頼関係を構築する問診スキル

     3,姿勢筋を緊張させるキー領域の治療法

     4,関節のあそびを回復する「関節機能障害回復法」

     5,筋の誤作動をリセットするスキル

     6,脊柱に影響を与える内臓機能の回復スキル

• 治癒力を阻害している要因の把握と対処法を身に付ける。

<対象>

①トリガーポイント治療を取り入れたい方

②痛みや不定愁訴を改善できる治療家を目指す方

③3年以上治療関係のお仕事に従事した事がある方

 

<内容>

1)理論編(背景・痛みの生理学・診断学)

 

  ①現代医療の誤謬(なぜ痛みや不調が治らず慢性化している方が多いのか)

  ②筋筋膜性疼痛症候群について

  ③痛みの生理学

  ④治癒力阻害因子(慢性化する因子、再発しやすい因子のチェックと治療)

  ⑤診断学(病因によって治療法や手順が異なる為病因の特定が重要)

 

2)スキル編

 

  ①心理的治療

 

   1-1 診断的問診と治療的問診

   1-2 受容と理解

   1-3 傾聴と説明

    

②治癒力阻害因子へのアプローチ

 

   2-1 栄養素の過不足

   2-2 キー領域の機能障害

   2-3 リンパ液の樹幹改善治療

   2-4 内臓機能回復テクニック

 

③病因特定のスクリーニングと診断法

 

   3-1 姿勢・歩行相・呼吸相⇒前方牽引姿勢や筋のアンバランス

   3-2 頸椎、胸椎、腰椎の可動性

   3-3 瘢痕の過敏性・皮膚の過敏性

   3-4 内蔵機能低下(チャップマン反射区)⇒大腿外側部・肋骨部

   3-5 腸腰筋の緊張

   3-6 頭頸移行部のチェック⇒後頭下筋膜の緊張、頭頸移行部の可動

   3-7 パトリック徴候⇒仙腸関節のブロック・股関節筋のアンバランス

   3-8 脚の内旋制限・外旋制限⇒寛骨周辺に筋のアンバランス

   3-9 むくみ・下腿の緊張、僧帽筋の緊張や過敏性チェック⇒重力反応のチェック

 

  ④連鎖へのアプローチ

 

   4-1 分節内の連鎖

   4-2 筋膜の連鎖

   4-3 関連痛の連鎖

 4-4 連鎖のアンバランスを整えるテクニック

 

⑤症状別治療法

 

5-1 頭頸移行部を治療する

5-2 関節機能障害-骨膜点-筋の過緊張で治療する

5-3 罹患筋推定法

5-5 腰痛治療(慢性化した腰痛・急性腰痛)

5-6 肩こり・五十肩

5-7 膝痛・股関節痛

5-8 頭頸部の障害

5-9 腕・肘・手の障害

 

などを、終了しました!!!